« 今日はゲストデー | トップページ | 新たな硝子の眼 »

2007年10月27日 (土曜日)

嵐の中を

10月27日(土) 雨、台風接近中!
当然、降水確率100%。前向きに考えれば天候を気にしてもしょうがないってことで、季節はずれの台風20号が接近している中、小江戸「川越」を撮影に行ってきました。
台風が接近しているのに観光に来る人は少ないだろうと思ったのですが、以外に物好きな人が多いのにおどろきました。

0100

天気が悪かったので出発を遅らせ、お昼前に到着しました。まずは、腹ごしらえ!ということで、観光案内所でお奨めのうなぎ屋さんを訊ねたところ、江戸時代創業の2店を教えていただきました。迷わず近い方のお店「小川菊」に決めて歩き出しました。

0300 蔵造りの町並みは想像していたより素晴しもので、一緒に行った仲間は雨の中にもかかわらず夢中で写真を撮り始めてしまったのでなかなか歩が進まず、お腹のすいていた私は軽く苛立ちを覚えたほどでした。ようやくお店の前に到着。「小川菊」おがぎくと読むそうです。

0200

お店の中は、時間が止まったかのような、レトロな雰囲気で、旅行気分が盛り上がりました。うなぎを待ちながら、みんなで撮影した画像を見せ合いました。同じ時に同じ場所で撮影したにも関わらず、全く違う視点で撮られているので、他の人の作品を見るのは楽しいものです。

0500

そうこうしている間に、うなぎが運ばれてきました。

早く食べたいのを我慢しながら写真を写し、うな重を堪能しました。美味しかったので、また行ってもいいかなって感じです。

うな重は肝すいつきで¥1800でした。

0700

うなぎ屋を出ても依然として雨が降り続いていたので、雨宿りがてら老舗菓子店「亀屋」の山崎美術館に入りました。

古い蔵が展示スペースになっており、日本画や和菓子の木型の精密な彫刻に関心したあと、お茶と和お菓子でのんびりしました。

Dsc_7284

まさかこんなところで、紅葉見物が出来るとは思いもよりませんでした。日本の文化は季節感の上に形造られている事を実感しました。

0600

行きがけに、気になっていた御煎餅屋に立ち寄り焼きたてのまだ温かいのを買い、その場でかじりながら街歩きを再開。

台風が接近しているだけあり、風雨がますます強くなってきたため、膝上10cmぐらいまでびしょびしょになりながら見物を続けていましたが、さすがに機材にも雨がかかりそうになってきたので、写真の撮影を諦め、すっかり旅行気分0900でお土産探しに目的を切り替えました。

ここでは、刺身用のお醤油をお土産に選んだのですが、今から楽しみです。

|

« 今日はゲストデー | トップページ | 新たな硝子の眼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211453/8709400

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の中を:

« 今日はゲストデー | トップページ | 新たな硝子の眼 »