« 強風のため、出航停止 | トップページ | DELL XPS M1330 (その2) »

2008年4月27日 (日曜日)

聖火リレーを見て

聖火リレーが長野で行われましたが、あんな形で行うことに何か意味があるのかな?

中国は自国の国家体制が強固であることを宣伝をしたいのだろうけど、世界中に混乱を巻き起こし不安の種を撒き散らしている。まったくの逆効果にも拘らず聖火リレーは成功だったと吹聴する始末。まあ、失敗だったとは口が裂けても言えないのは解るが、わざわざ成功だったと言わなければならないところに苦しさがある。

あと、驚くのは本当に中国人って世界中にいて、その中国人が本国の意のままに活動する様子はTVを見ていて物凄い違和感があった。国内で、情報操作されているならまだしも、国外にいて自由な情報に触れているのにあの統率のとれた行動はコワイ。

今中国は経済発展を遂げ、日本とのつながりも以前にまして深くなっているが信用できないし、理解しづらいあの国と今後どのように付き合ってゆくべきか、良く考えなければいけないと思う。

にもかかわらず日本の政治家たちは国内の問題ですったもんだしており、それどころではないように見えることが残念でならない。

|

« 強風のため、出航停止 | トップページ | DELL XPS M1330 (その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211453/20614160

この記事へのトラックバック一覧です: 聖火リレーを見て:

« 強風のため、出航停止 | トップページ | DELL XPS M1330 (その2) »