« 夏のクルーズ ジェット船で伊豆大島へ | トップページ | 皆既日食 »

2009年7月21日 (火曜日)

夏のロングクルーズ 本番 (伊豆大島~葉山)

7月20日(祝) 海の日                                       前日早く寝たお陰で5時前に目を覚ました。天気が気になって、顔も洗わずに窓へ行きカーテンを開くときれいな朝焼けに染まった空が目に入ってきた。ヨシッ!とつぶやき窓から顔を出すと朝日がちょうど上りはじめたところだった。カメラを素早く準備して撮影。

090719_072

この時間帯は刻一刻と空の色も太陽の位置も変化するので、ぐずぐずしているとアッと言う間にシャッターチャンスを逃してしまう。

あまり嬉しかったので、同室の人に朝日が出ていることを告げ、散歩に出発した。この時間帯の色は独特な柔らかさがあり、島の景色もどこか違って見えるから不思議だ。

090719_089

左の海側は朝日に照らされ晴れているのに、右の山側はまだ曇っていた。なんだかこのカーブは天気の分かれ目のようで面白かった。歩いているとまだ5時過ぎなのに数人の人とすれ違い、みんな朝の挨拶をしてくれた。

090719_096

しばらく歩くと野球場があり、その脇から見えた海は朝のやわらかい光で金波に染まっていた。後ろを振り返ると、三原山が雲の中から姿を現しつつあった。

090719_093

野球場の広々とした芝の上を歩いてから引き返す途中、パチン、パチンと何かがはじけるような音が路地の奥から聞こえてきた。気になってその路地の奥を覗き込むと、空気銃で木の上にいる獲物を撃っている光景が目に入ってきた。立ち止まって眺めていると、私の視線を感じたのかこちらを振り向いたその狙撃者は、「台湾リスの駆除をしているんです」と丁寧に説明してくれた。私も思わず「大変ですね」と声をかけその場を離れた。

こんなところでも外来生物が問題になっているのだと思う反面、人間のエゴのような気がして複雑な気持ちになった。

帰り道の途中で龍王岬灯台という看板を見つけ行ってみると龍王岬には江戸時代の鉄砲場の遺跡と第二次世界大戦当時の陸軍の防空壕などが残っていた。

090719_117

龍王岬からの眺め、右から利島、神津島、新島の三島を見ることができた。

1時間ほど散歩を楽しんでからホテルに戻り、シャワーを浴びたあと朝食を済ませいざ出発。手早く荷物を積み込み、予定通り、午前8時30分波浮港を出た。

090719_147

千波崎のあたりは潮流が複雑で荒れるため難所になっている。

090719_154

最初は張り切ってワッチしていたのだが、うねりがありこの後船酔いでダウンしてしまいました。

<中略>

予定より少し遅れて午後4時15分、葉山マリーナに無事?帰港。

皆様お疲れ様でした。

|

« 夏のクルーズ ジェット船で伊豆大島へ | トップページ | 皆既日食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211453/30658017

この記事へのトラックバック一覧です: 夏のロングクルーズ 本番 (伊豆大島~葉山):

« 夏のクルーズ ジェット船で伊豆大島へ | トップページ | 皆既日食 »