« ローカルルール | トップページ | 池袋でランチ »

2011年7月 9日 (土曜日)

大越の明神様で見たものは獅子舞?龍舞い?

7月9日 晴れのち曇り                                                                       

     _dsc5713b

                                                                      埼玉県加須市の北部、利根川にほど近い大越というところに縁があり、                        そこの明神様<鷲神社>で行われる獅子舞に誘われて、見物に行きました。                           普段見慣れている獅子舞とは見た目も動きもちょっと違うなあと思いながら                        撮影していました。                                                      

                                                                                                      

_dsc5730b

首が妙に長いし、角が生えてるし、口の周りのエラのようなヒゲなどなど、、、                   これって獅子じゃないのでは??

舞いが終わってから地元の方にお話を伺うと、やはり獅子ではなく龍を                表したものだそうです。この大越は江戸時代利根川の渡しがあり、                           交通の要衝として繁栄した場所だったそうで、その頃に出雲の神様と、            伊勢の神様を合祀され今の形になったのだそうですが、歴史を詳しく                         調べると何やら面白そうです。

_dsc5723b_2

布の絵柄も波や雲を表しているので、龍と言われて納得です。

|

« ローカルルール | トップページ | 池袋でランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211453/41136203

この記事へのトラックバック一覧です: 大越の明神様で見たものは獅子舞?龍舞い?:

« ローカルルール | トップページ | 池袋でランチ »