2010年2月21日 (日曜日)

バンフからトランスカナダハイウェイでアサバスカ氷河へ

バンフからレイク・ルイーズやレイク・ボウ、レイク・ペイトいった湖をめぐりながらロッキー山脈と平行に走るトランスカナダハイウェイを使って、コロンビア・アイスフィールドのアサバスカ氷河に向かった。

Can034

レイク・ルイーズの湖畔にいた犬を連れた老人がやたらカッコ良かった。

Can044_2

レイク・ボウは人が少なく、静まりかえっていた。

Can053_2

展望台から見たレイク・ペイト。湖水の色がまるで染めたようなエメラルドグリーンだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土曜日)

カナダ バンフ スプリングスホテル 

オリンピックを見ていて以前訪れたカナダを懐かしく思いだしたが、その中でも特にバンフが印象に残っている。

        Can086

宿泊したバンフ スプリングスホテルの外観。訪れた時はゴルフをしていなかったので、今考えると魅力半減ですね。

Can005

ロビーもなかなか雰囲気があるホテルだった。

Can075

外観は古城風だったが、20年以上前からベッドサイドの電話は機能的なものだった。

Can084

朝一番、ホテルの近くの森を散策していて出会った雄のエルク。これ以上近づくのは危険と言われ、恐る恐るシャッターを切った。カナダは大自然を身近に感じる事ができる素晴らしい場所というイメージを強くした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火曜日)

カナダ バンフ駅での危機一髪

Can119

カナディアンロッキーを観光してバンフからバンクーバーへ向かうために大陸横断鉄道に乗りました。

駅に着くと列車が2~3時間遅れるとのこと。どうやらこれぐらいこちらでは当たり前のようだ。再度バンフの街を散歩し、駅に戻ってきたが一向に列車がくる気配がない。

こちらの駅は日本のようにプラットホームが高くなっていないので、線路の上に気安くたつことができる。さらに待たされること2時間弱、ようやく列車がやってきました。私はようやくやってきた列車の写真と撮ろうと線路の上に立ち、大陸横断列車にチキンレースを挑みました。300mmの望遠レンズの向こう側の運転手の表情が分るくらいまでくると汽笛を鳴らされ、やむなく撤退。そのとき撮った写真がこれです。良い子の皆さんマネするのはよしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)